« 【残念】Alpari UKが日本から撤退してしまいました。 | トップページ | 本日の取引結果 1/12 »

驚異のプロフィットファクター PF6.51FX

速報!
プロフィットファクター:6.51
損益レシオ:1.22
最大ドローダウン:0.57%
詳しくは、本文をチェック!

本日は、つい先日に発売スタートしたばかりのFX自動売買ソフトのご案内です。

その名も・・・PF6.51FX
PF6.51FX

結果だけが命の投資の世界。
初心者も上級者もご利用頂ける安心システムを
余計な結果掲載や説明は排除させて頂き、
今から紹介する内容だけを確認して、ご判断ください。


【プロフィットファクター6.51が実現!】

プロフィットファクター(PF)とは、総利益と総損失の割合を示します。
一般的に、期待値と言われる場合もあります。

プロフィットファクター = 総利益÷総損失

で計算され、総利益が100万円で、総損失も100万円なら、PFは1となり、
トントンとなりますので、PFが1以上の数値でないと、
トレードに用いるべきでは無い事が見えてきます。

通常2以上あれば優秀とされており、
世に出回っていている自動売買ソフトのほとんどが良くても2~3の間ではないでしょうか。

PF6.51FXは、6.51ですので、異常なまでの高さを示しております。



【損益レシオ1.22が実現!】

損益レシオとは1トレード平均利益÷1トレード平均損失で算出され、
意味するものは1回のトレードにおける利益期待値です。
ちなみにカウンタートレード(逆張り)では勝率は高くなりがちですが、
その反面、損益レシオは低くなる傾向にあります。
この数値が1以上であれば毎トレードでの利益期待値の方が大きいといえます。
ただ、残念な事に通常、カウンタートレード(逆張り)では1を切る事が多く、
それを高い勝率がカバーして利益を積み重ねていくシステムが多く見られます。
おおよそ、世に出回っているカウンタートレード(逆張り)を利用した自動売買ソフトを検証しますと、
実際の所、勝率は75%前後で、損益レシオは、0.8前後が良い所ですね。
しかし、PF6.51FXでは、1トレード平均利益($16.11)÷1トレード平均損失($-13.25)と
損益レシオは1.22で、
こちらもPF値同様に高い勝率を誇りながら1トレードでの利益期待値も大きく、非常に優秀なシステムとなっています。



【最大ドローダウンが、たったの0.57%!】

ドローダウンとは、一時的に最大資産から落ち込んだ場合の下落率を表します。
簡単に言うと、「口座に入っている資産からどれぐらいの損失が出たか」ということです。
例えば、資産がその時点で100万円あり、ドローダウンが10%の場合は

一時的に資産が90万円まで落ち込んだということになります。
PF6.51FXの最大ドローダウンは、0.57%となりますので、
資産が100万円だった場合、99万4千300円まで減った事になり、
5,700円しかマイナスになっていない事になります。


如何でしょうか?

通常、何かが良ければ、どうしても他の2つは平均より下の数値を出してしまい、
それを売買回数などで補てんするのが通常のロジックですが、
まさに「弱点なし!」と言えるEAではないでしょうか!


現在、PF6.51FXトレード実況生中継中!
100名様限定となりますので、今すぐチェックしてみて下さい!

PF6.51FX

【PF6.51FX】100名様限定で5,000円にて販売中!

|

« 【残念】Alpari UKが日本から撤退してしまいました。 | トップページ | 本日の取引結果 1/12 »

紹介する自動売買システム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【残念】Alpari UKが日本から撤退してしまいました。 | トップページ | 本日の取引結果 1/12 »