« 今回の地震について | トップページ | EA紹介 「FX孔明スタビリティシステム」 »

発電機 周波数の違い

しばらくFX関連の記事はおやすみしたいと思います。

家庭用の100Vの電気の周波数なのですが

最近は皆さんご存知の通り、日本的に大惨事な状態なため、FXは自重しています。
パソコンを起動していても、電気代が無駄なので。

ところが、この節電ですが、私の住んでいる地域は中部電力ですが、中部電力から東京電力へ電力を送付するには、周波数を変換しなくてはいけないようなのです。

というのも、明治時代に西はドイツ製の60Hzの発電機、東はアメリカ製の50Hzの発電機を使用し始めたのが原因で、今でもそれを引きずっています。

数値で見ると、

たかだか10Hzなんですが・・・

電化製品からするとシビアなものがあります。

また、この周波数の変換器の送電量には限度があるらしく、今マックスで送っても、中部電力では電力は余っている状態らしいです。

なので、寂しいですが、私が節電しても今回の電力不足には貢献できないことになります。。。

とても悔しいです。

|
|

« 今回の地震について | トップページ | EA紹介 「FX孔明スタビリティシステム」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今回の地震について | トップページ | EA紹介 「FX孔明スタビリティシステム」 »